企業法務 契約法務

契約解消の法律実務 / 松田 世理奈 (著), 辛川 力太 (著), 柴山 吉報 (著), 高岸 亘 (著)

目を通したので感想をメモ。契約解消に絞った本というのは、あまり見ないこともあり、手元にあると有用な一冊というのがこちらの印象。

そうした場合でも

例によって呟いたこと、接した呟きに基づき脊髄反射的なメモ。

割切りもほどほどに

脊髄反射的に呟いたことを基にメモ。

どこまで前に出るか

昨日のエントリで書いたことの続きでもあるが、呟いたことを基に若干のメモ。

契約書の審査とは

例によって脊髄反射的なメモ。

距離を踏まえて

呟いたことを基にメモ。

最近の何だか(2022/7/4)

例によって、呟いたことなどを基にメモ。

NDAについて:最初から考えてみる

またかよと言われそうだが、メモをしてみる。

道具との向き合い方について

今後はさておき現時点でのメモ。

誰がために

呟いたことを基に雑駁なメモ。前にも似たようなことを書いた気がするが、それはさておき...。

売買契約を見る視点について

頭の整理のために、整っていない思い付きをメモ。 ちくわ先生のこちらの呟きを見て、こちらなりの何かを書いてみようかと思ったのでやってみたものを順不同でメモしてみる。

余地を残す

またもや何だかわからない内容だけど、某先輩の誠実協議条項についての呟きを見て脊髄反射的に思い付いたことについて、呟いたことを基に雑駁なメモをしてみる*1。 *1:以下、複数の呟きを拝見して考えたことも含まれるが、個別の記載は、省略させていただく…

若干の補足

呟いたことを基にメモ。

その指導の意味は

呟いたことを基にメモ。

業務委託契約書作成のポイント〈第2版〉/近藤圭介 (著, 編集)

ざっと目を通したので感想をメモ。業務委託契約について検討する際に座右にあると有用な一冊、という印象。

続・NDAと暴排条項についてのメモ

以前のエントリに補足する意味でメモしてみる。

ふるうのは何か

何のことやら。例によって脊髄反射的に呟いたことを基にメモ。こちらのエントリの続き、みたいな話。

聞いてみないとわからない話ー売買契約における所有権留保についてー

例によってTLを見ていて思いついたことについての雑駁なメモ*1。 *1:up後にタイトルも含め加筆した。

最近の何だか(2022/2/24)

きな臭いという段階を超えた事象が見受けられるが*1、迂闊に触れる気にもならないので、とりあえずは手動twilog的なメモをいくつか。 *1:この機会に、ということで党派的な物言いをするのには食傷気味である。

審査の意味について

例によって呟いたことを基にメモ。いつになくあちこちの方々から反応をいただいて、興味深く、コメントいただいた方には感謝するばかり*1。 *1:以下のエントリではいただいたコメントの内容も、こちらの理解した限りで、踏まえているが、いずれにしても文責…

最近の何だか(2022/2/16)

例によって例のごとく、自分の備忘のための手動twilog的なメモを箇条書きで。

頻出25パターンで英文契約書の修正スキルが身につく / 本郷 貴裕 (著)

ざっと目を通したので感想をメモ。使い方に留意が必要な気がするけど、総じて手元にあると有用な本ではないかと感じる。

Freedom To Operateとでもいうのだろうか

某氏の呟き*1を見て思い出したことについて、例によって雑駁なメモ。例によってこちらの経験した範囲に基づく物言いなので、異論があり得ることはいうまでもない*2。 *1:件の方を批難する意図ではない。念のため。 *2:ついでにいうと過去に同じことを書いた…

あらかじめ決めておく

雑駁な思い付きをメモ。

最近の何だか(2022/1/15)

例によって呟いたことなどを基にメモ。

分かち合えるのか否か

何のことやら。脊髄反射的に呟いたことを基にメモ。

契約書の見方・つくり方〈第2版〉 (日経文庫) / 淵邊 善彦 (著)

一通り目を通したので感想をメモ。AC企画のこちらのエントリでご紹介のあったもの*1。 契約法務業務に接する人が最初に手にする本としては優れた本と感じた。 *1:以前本書の初版にも目を通していた。その時とは感じ方が異なるかもしれないが、そこは、進歩が…

10年経って

もうそんなに経つのか、と時の経過に驚いたニュースがあったので、若干のメモ。

イギリス契約法の基本思想/ニコラス・J・マックブライド(著) 菅 富美枝 (翻訳)

イギリス契約法についての基本的な考え方を伝えるもの。類書がないこともあり、イギリス法系の契約書に用事があるのであれば、手元にあって損はなさそうな一冊。

コメントをする意味

呟いたことを基に脊髄反射的なメモ。前にエントリにしたことと重なる部分があるかもしれないが。