法律系 書籍

最近の仕入れから(2024年6月前半)

恒例の積読の時間です(謎)*1。 *1:地味にこのシリーズ好評だったりするのが興味深い。

はじめの一歩の踏み出し方

何のことやら。呟いたことを基に雑駁なメモ。

本日の脊髄反射(2024/6/9)

諸々の用事等でエントリを準備できなかったので、脊髄反射的に呟いたことを基に簡単なメモ。

新版 負けない英文契約書 不利な条項への対応術 / 熊木 明 (著)

新版 負けない英文契約書 不利な条項への対応術 作者:熊木 明 清文社 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。 英文契約に関する業務をするならば必携の一冊。

法学部生のためのキャリアエデュケーション / 松尾 剛行 (著)

法学部生のためのキャリアエデュケーション (単行本) 作者:松尾 剛行 有斐閣 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。今どきの法律を学ぶ法学部生の方がキャリアについて考えるうえでは、目を通しておいて良い本だと思う。

最近の仕入れから(2024年5月半ば)

恒例の積読の時間です。

労働法はフリーランスを守れるか ――これからの雇用社会を考える (ちくま新書 1782) / 橋本 陽子 (著)

労働法はフリーランスを守れるか ――これからの雇用社会を考える (ちくま新書 1782) 作者:橋本 陽子 筑摩書房 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。

ルールはそもそもなんのためにあるのか (ちくまプリマー新書 440) / 住吉 雅美 (著)

ルールはそもそもなんのためにあるのか (ちくまプリマー新書 440) 作者:住吉 雅美 筑摩書房 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。

刑の重さは何で決まるのか (ちくまプリマー新書 454) /高橋 則夫 (著)

刑の重さは何で決まるのか (ちくまプリマー新書 454) 作者:高橋 則夫 筑摩書房 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。

最近の仕入れから(2024年4月末)

恒例の積読の時間です(汗)。

ここしばらくの何だか(2024/4/22)

例によって呟いたことを基にメモ。

法律文章読本 /白石 忠志 (著)

法律文章読本 作者:白石 忠志 弘文堂 Amazon 出遅れたが一通り拝読したので感想をメモ。いうまでもなく名著。法律に関する文章の読み書きをするなら座右にあるべき一冊。

本日の仕入れから(2024/4/13)

恒例の積読の時間です(汗)。

敵対的買収とアクティビスト / 太田 洋 (著)

敵対的買収とアクティビスト (岩波新書 新赤版 1973) 作者:太田 洋 岩波書店 Amazon 今更かもしれないが、一通り目を通したので感想をメモ。この分野に多少なりとも関わりがあるのであれば、目を通しておいて損のない一冊。

本日の仕入れから(2024年4月上旬)

恒例の積読の時間です(汗)。

会社法入門 第三版 (岩波新書 新赤版 1969)/ 神田 秀樹 (著)

会社法入門 第三版 (岩波新書 新赤版 1969) 作者:神田 秀樹 岩波書店 Amazon 遅まきながら、購入から1年後にようやく一通り目を通したので感想をメモ。会社法の入門書としては悪くはないのかもしれない。

月末の仕入れから(2024年3月末)

恒例の積読の時間です(汗)。

最近の仕入れから(2024年3月下旬)

恒例の積読の時間です(汗)。

プラクティス知的財産法II〈著作権法〉/ 田村 善之 (著), 高瀬 亜富 (著), 平澤 卓人 (著)

プラクティス知的財産法II〈著作権法〉 (プラクティスシリーズ) 作者:田村 善之,高瀬 亜富,平澤 卓人 信山社 Amazon 一通り目を通してみたので感想をメモ。著作権法を仕事で使うのであれば、間違いなく座右にあるべき本の一冊と感じた。

はじめて学ぶ景品表示法 / (編集), 水上 啓 (著)

はじめて学ぶ景品表示法 作者:水上 啓 商事法務 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。景表法の「最初の一冊」としては良いのではないか。

わかりやすい 電子提供制度と株主総会の実務 / 三井住友信託銀行ガバナンスコンサルティング部 (編集)

わかりやすい 電子提供制度と株主総会の実務 商事法務 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。電子提供制度に関する実務に関与するなら必携の一冊というところではないか。

最近の仕入れから(2024年3月上旬)

恒例の積読の時間です(汗)。

企業法務1年目の教科書 契約書作成・レビューの実務 / 幅野 直人 (著)

企業法務1年目の教科書 契約書作成・レビューの実務 作者:幅野 直人 中央経済グループパブリッシング Amazon 通称幅野本を読みながら感想を呟きつつ、最後まで一通り目を通したので、呟いた内容を基にエントリにメモしてみる。 契約書レビューの時に参照する…

エセ著作権事件簿: 著作権ヤクザ・パクられ妄想・著作権厨・トレパク冤罪 (過剰権利主張ケーススタディーズ) / 友利昴 (著)

エセ著作権事件簿: 著作権ヤクザ・パクられ妄想・著作権厨・トレパク冤罪 (過剰権利主張ケーススタディーズ) 作者:友利昴 パブリブ Amazon 通りがかったブックオフで買ったものだが(汗)、一通り目を通したので感想をメモ。かなり個性の強い本で、相性が合…

連休初日の何だか(2024/2/23)

呟いたことなどを基に手動twilog的メモ。

最近の仕入れから(2024年2月半ば)

恒例の積読の時間です(汗)。

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方 【改訂第3版】/ 雨宮 美季 (著), 片岡 玄一 (著), 橋詰 卓司 (著)

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方 【改訂第3版】 作者:雨宮 美季,片岡 玄一,橋詰 卓司 技術評論社 Amazon 著者から献本をいただき*1、一通り目を通したので感想をメモ。ウェブサービスを提供する会社であれば*2、法務はもちろんのこと、サー…

クスッと笑えて腑に落ちる 著作権法ガイダンス /白鳥 綱重 (著)

クスッと笑えて腑に落ちる 著作権法ガイダンス 作者:白鳥 綱重 発明推進協会 Amazon 一通り目を通したので感想をメモ。優秀なレジュメに徹していて、この分野で最初に読むには良い一冊ではないかと感じた。

本日の仕入れから(2024/2/4)

恒例の積読の時間です(汗)。

〈ケース研究〉著作物の類似性判断 ビジュアルアート編/上野達弘 著 前田哲男 著

〈ケース研究〉著作物の類似性判断: ビジュアルアート編 作者:上野 達弘,前田 哲男 勁草書房 Amazon 一通りlegal libraryで目を通したので感想をメモ*1。 類書がないこともあり、著作物の類似性判断に関わるのであれば手元にあって損のない一冊ではないかと…