映画『ジョン・レノン 失われた週末』

掲題の映画を見たので感想をメモ。John Lennonに関心のある方にとっては*1、見ておくべき映画だろう。なお、ある程度内容に触れているのでその点はご容赦あれ。

 

一応それなりの長さの期間にわたりThe Beatlesの音楽は聴いているし、その関連で個々のメンバーのソロ作品もある程度は聴いていて、4人の中ではJohnが一番好みに合う気がしていて、彼の音楽もある程度は聴いているつもりだった。ただ、メイ・パンの名前は目にしたことがあったものの、どういうことをした人だったのかは、不勉強で知らなかった。

 

彼女は、一時期Johnと一緒に暮らしたことがあり、その期間について彼女の視点から語るというのが本映画の内容ということになる。当時の映像、関係者のインタビューなどで構成されていて、特に彼女が自分で撮った写真は、当然のことながら初めて見るものが多く、リラックスしたJohnが見て取れる。

 

そもそもJohnに彼女と付き合うように仕向けたのが妻のY*2というのが意外だった。通常の価値観の外にある人間ということなのだろう。Johnが政治的振舞やそこから生じる米国政府による嫌がらせ?、それからYとの関係に疲弊していたのを見て、Yが2人の個人秘書のメイ・パンにJohnと付き合うように言い、彼女は、当然のことながら、当初は拒否していたが、John側からアプローチをされて、結局付き合うようになるというのも、分かるようで分からないが、男女の仲なので、そういうこともあるのだろう。

 

YがJohnを束縛する様子が、Yのメイへの接触の仕方からも窺われて、Johnが疲弊するのも納得するところ。もっとも、John自身にも家庭で暮らすうえでは相当問題のある人間だったのも間違いなく、その辺りも描かれている。

 

メイとの日々の間は、Johnはmusicianとしては相応に活動的で、作品も出ているし、何よりも、先妻のCynthiaや子のJulianとの間を彼女が取り持ったり*3、彼女との日々の間にPaulとの関係も復活したり*4Beatlesの解散について合意するという画期的な出来事があったりしたのは、知らなかったし、彼女が"artist"として目立つことなく、Johnを支配しようとすることもなく、Johnのサポートに徹していたからこそのことではないかと思うと、やはり彼がYのところに戻らずに、そのままでいたらどうなっていただろう、むしろYとの日々こそ「失われた日々」なのではないかという疑問すら感じずにはいられない。もちろん、Yとの日々の中から生まれたものに素晴らしいものがあったことは認識しているとしても。

 

全体を通じて、メイの視点で語られており、偏りがある可能性は否定できないものの、Yについての語り方への抑制の仕方や、JohnがYのところに戻るに至った経緯について、彼女の知ることしか語らない(そしてそれは多くない)点などから、彼女の誠実さとそれがJohnへの思いゆえのことなのだろうと感じた。いずれにしても、Johnに関心がある方にとっては、彼の理解を深める意味で、見ておくべき映画ではないかと感じた。

 

追記)ポスターの写真を貼っておく

 

*1:こちらもその一人だが。

*2:Johnの死後の「利用」の仕方に目に余るものを感じていて、もともと良い印象が皆無ということもあり、あえてこういう書き方をする。なお、そうした印象ゆえに本エントリの内容は一定程度偏りがあるかもしれないことは付言しておく。

*3:映画の最後の様子から見ても、Julianと彼女との親密さは印象に残る。語られている彼の状況からすれば理解しやすいところではあるが。

*4:もっとも、PaulがJohnとあったときにYからの伝言を持ってくるというのが何とも気持ちの悪いものを感じたが。